Powered by Tigers-net.com
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Profile Recent Entries Comments Category Archives Links Mobile Code
Other
2018.03.27 Tuesday
続続・ひと足早い希望のメンバー発表

 さっそく投手編の続きです。


 強力リリーフ陣の阪神は、誰がどこで投げても良いというくらいだと思います。

 いわゆる敗戦処理の投手なんていません。敢えて、良い投手がいるのに力の劣る敗戦処理の役目を担う投手を配置する必要はありませんね。


 そこで近年野球の定番・勝利の方程式というものをつくらず(昨シーズンも多少、その傾向はありました)、場面に応じて起用するというものです。


 役割を決めるとしたら、初回の記事のように、ロングリリーフ・ショートリリーフ・ワンポイント・マルチ と、投げる球数の目安で決めて、その役目を考えて各投手は調整するというものです。



 ロングリリーフには先発経験のある投手を。比較的早い回に登板機会が出てきますね。
 緊急トレードとなった岡本投手は未知数ですが、情報によると期待できるのではないかと・・・。



 ショートリリーフは、終盤での登板が多くなるでしょう。



 ワンポイントは、回に関係なくここは点を取られたくない大事な場面です。極端な話し、5回くらいで登板することもあって良いのではないでしょうか。



 マルチの石崎は、とても期待の投手に成長しています。
 日本代表にも選ばれました。

 比較的若いですし、三振もとれる、長いイニングも可能。延長戦で何回までいくか分からない場合でもひとりで任せられる。そんな大事な役割、今シーズンのリリーフのキーマンとなる投手ではないかと考えています。




 以上、選手については今回にて終わります。



 ぜひ、コメントを・・・。


夏でも掛け布団 | チーム | comments(0) | trackbacks(0) |

comment

Post a comment

Trackback

url:
ページTOPへ